探偵

探偵・興信所おすすめ・妻の浮気証拠調査費用相談

 

 

 

 

 

探偵と便利屋って探したり尾行するだけなら一緒じゃないの?と言われてしまいました。

 

 

答えはノー。

 

歴然とした法律上の違いがあることにお気づきでしょうか。何でも屋とか便利屋と呼ばれる仕事は普通の会社と同じように始められますが、興信所や探偵社のほうは、探偵業法に定められている通り公安委員会に必要書類と共に開始届出書を提出し、正式な認可を受けるまでは開業できません。きちんとした法律に定められているくらい依頼者の個人情報と権益を守る義務があるのが探偵業者です。探偵業務はオーダーメイド的な要素も強いせいか、時には極端に高い料金を請求してきたりするところもないわけではありません。調査の質の高さと価格の高さはイコールかというと、実際はかなりあいまいです。

 

高いお金を払って、決定的な不倫の証拠をゲットすることができなかったなどということにならないために、あらかじめ標準的な費用についてチェックしておいた方が良いでしょう。
最近は興信所も探偵も、取り扱い業務は違いがありません。
共によく扱うのは、離婚の請求事由として浮気をあげる場合は、第三者にも浮気が分かるような証拠が是非とも欲しいところです。
ただ、自力で証拠を集めるのには無理がありますから、ちゃんとしたノウハウを持った業者に頼むほうがスムーズに離婚できると思います。仮に離婚しなくても、慰謝料請求の根拠にもなりますし、再発防止にきっと役に立つはずです。

 

 

 

浮気の慰謝料の請求は、いつでもできるというわけではありません。浮気の相手が判明してから3年、あるいは不倫行為そのものがあってから20年以内でも構わないそうです。ただ、時効間際といっても諦めないでください。
慰謝料請求訴訟を起こせば、この時間経過を止めて、時効を事実上なくすことができます。

 

 

時効になったら元も子もありませんから、その前に裁判で時効を利用させないことも選択肢に入れてみましょう。どのへんまでを浮気というのかは、個々の道徳意識によって異なると思います。

 

 

異性の中では常に自分を最優先しなければ浮気扱いする人もいれば、腕や体などを密着させる行為があるだけでも浮気と言う人も、いないわけではないです。不倫は民法でいう離婚事由であり、性交渉を持つと精神的にはどうであれ不貞となるのですが、どちらにせよ、浮気を連想させる行為やメール、SNS上のやりとりは控えるべきでしょう。

 

スマホに買い換えたときは「いつでも使っていいよ」と言っていたのに、近頃不自然に隠すそぶりがあるんです。不倫もあるかもしれないなと疑うようになっても当然でしょう。
相手が誰なのか無性に知りたくて(全然知らない人の可能性もありますが)携帯の履歴を見ようとしたのですが、なんと、ロックしてあって、なんの情報も得られませんでした。私が怒れば黙ってしまうに決まっていますから、最終的には探偵の出番かとも思うのですが、主婦のへそくりもないので、二の足を踏んでいます。探偵業といえど競争があるのは事実で、大幅値引きな価格を提示したり、均一価格でOKという会社も増えているようです。

 

 

 

とはいえ、オプションがついたりすることもあるので、もしそこに依頼するなら、納得できるまで説明を聞き、時間とお金を無駄にすることがないよう気をつけるようにしましょう。

 

 

不倫の行動調査を探偵に依頼した際、ときどき、代金のことでトラブったなんてこともあるみたいです。

 

 

 

というのは、最初に出してもらった金額のほかに「別料金」「経費」が加算されたり、契約を破棄しようものなら、キャンセル料をとられることがあります。あとで後悔しないためにも、契約前にきちんとチェックするのは不可欠なのではないでしょうか。

 

料金説明をしぶったり質問に答えてくれないようなら、新しく業者を見つければいいのです。

 

 

 

子供も大きくなったのでパートを始めたところ、週一で店に来るエリアマネージャーさんに告白されて、不倫関係をもつようになりました。子供ができてから今までの間、どっぷり主婦をやっていた私は用心が足りず、最近、様子が違うと、主人はすぐ気づいたようで、相手の奥さまと内密に連絡をとられて、向こうはヨリを戻しましたが、私はそうもいかず、夫には慰謝料と離婚を求められるということになってしまいました。

 

探偵を雇って浮気の証拠を押さえてもらい、不倫関係を解消させるまでいったのに、再び浮気する人は一定数いるようです。

 

 

 

休日に家族と過ごす時間が減ったり、ふとしたLINEやメールの着信により浮気が判明し、またかと落胆するケースは多いようです。

 

そもそも前の浮気時の対応が手ぬるかった可能性も高いので、再犯ないし再々犯となると、それ相応の対応が必要でしょう。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

原一探偵事務所

 

 

 

 

 

◎43年の調査実績・解決実績100,000件以上 探偵業界最大手の原一探偵事務所◎

 

 

 

「浮気調査」 「人探し」 「ストーカー対策」 「いじめ調査」 などを扱う総合探偵社

 

 

 

探偵業界で日本最大級の調査員数!社員数100名以上
(10年以上のベテラン調査員が多数在籍)

 

 

 

東京都弁護士協同組合の特約店
(※法廷では法律に違反した証拠は証拠としてみなされません)

 

 

 

全国主要都市に18拠点の全国ネットワーク

 

 

本社・川越

 

 

札幌・仙台・水戸・高崎・千葉・大宮(埼玉)・日本橋・新宿 (東京)・横浜・静岡・名古屋・大阪・神戸・岡山・松山・広島・福岡

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

原一探偵事務所 詳細はこちら

 

 

 

 

 

 

 

 

 

https://www.haraichi.co.jp/

 

 

 

 

 

 

 

 

 

街角相談所 -探偵-

 

 

 

 

 

 

初めての探偵探しに不安な方も匿名で費用見積もり

 

 

 

 

 

最初から探偵社・興信所への問い合わせに不安のある方へおすすめ

 

 

 

 

 

全国100社の興信所よりお悩みに合わせた探偵を紹介

 

 

 

 

 

他社のお見積もりより安い探偵を見つけるお手伝いも可能

 

 

 

 

 

 

 

 

浮気診断シミュレーター・匿名相談 詳細はこちら

 

 

 

 

 

 

 

 

http://hello-tantei.com/

 

 

 

 

 

 

 

 

 

HAL探偵社

 

 

 

 

 

 

ネットでできる・完全無料の浮気解決シュミレーターが好評のHAL探偵社

 

 

 

 

全国無料出張・即日対応も可能

 

 

 

 

 

 

業界初の完全成功報酬・後払い支払 (初期費用0円)

 

 

 

 

 

 

相談料0円・匿名OK

 

 

 

 

 

 

調査完了後最短3日で証拠資料のお渡しも可能

 

 

 

 

 

 

 

 

HAL探偵社 詳細はこちら

 

 

 

 

 

 

 

https://hal-tanteisya.com/

 

 

 

 

 

 

 

 

総合探偵社TS

 

 

 

 

 

 

浮気調査・人探し・いじめ調査などを扱う総合探偵社TS

 

 

 

 

TSの強みは・・・・・・

 

 

 

 

 

◎24時間365日 無料相談・見積受付

 

 

 

 

 

◎北海道〜沖縄まで全国対応

 

 

 

 

 

◎安心の料金設定(分割払い、カード払い可)
独自の調査料金体系を導入。調査は1時間単位から依頼することが可能

 

 

 

 

 

 

◎法律専門家の起用・警察OBも在籍

 

 

 

 

 

 

夫婦カウンセラーの資格を持つ調査員が、離婚あるいは復縁までご依頼者様のお考えをお聞きし
適切なアドバイス

 

 

 

 

 

 

 

 

総合探偵社TS 詳細はこちら

 

 

 

 

 

 

 

ISM探偵事務所

 

 

 

 

 

 

◎全国対応可能

 

 

独自のネットワークにより、北海道から沖縄まで全国で調査可能

 

遠方にお住まいの方も対応可

 

 

 

 

◎相談だけでOK

 

 

 

 

◎現場で経験を積んだ調査員

 

対応する調査員は当社の探偵学校で基礎を学び実践経験のあるスタッフ在住

 

探偵に必要な撮影技術や尾行術といったスキル・法律の知識にも精通

 

 

 

 

 

 

 

ISM探偵事務所  詳細はこちら

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

不倫で略奪婚に成功しても、あまり幸せになれないという話があります。
あながち嘘ではないでしょう。
どう言い繕ったところで自分の幸福のために、ある家庭から平穏、幸福、配偶者を奪い取ったりしたら、もし結婚できても、知り合った経緯からして話せませんし、ばれたら終わりと不安な思いをしてずっと暮らしていくのです。
不倫経験者なんかと結婚しても、いつまた不倫に発展するかと思うとそう落ち着いてもいられないでしょうね。

 

意外かもしれませんが、不倫の賠償請求(慰謝料)には期限というものがあります。

 

 

 

誰と不倫していたかがわかってから3年以内か、でなければ不倫行為から20年と規定されており、それ以後は時効です。
それに、時効期限が近づいているときでも、裁判を起こすことで、この3年ないし20年という時間をいったんゼロに戻すことができるのです。不倫という行為を時効で「逃げ得」にしてはなりません。時間がなければ裁判で時効を利用させないことも方法の一つです。
探偵を利用したいと思っても、お金のことは気になりますよね。調査会社への代金の支払方法ですが、比較的大手事業者であれば分割払い(クレカかローン)に対応しているところもないわけではありません。

 

早く浮気の証拠が欲しいけれども代金の都合がつかないという場合は、そうした会社に依頼するのも良いかもしれません。
配偶者に浮気をされた時、しっかり思い知らせてやるには、社会人としての信用や、公共の場での立ち位置をおびやかしてやるのが良いのではないでしょうか。

 

もちろん、第三者を巻き込むに足りる証拠が必要ですが、逆にいうとそれさえあれば、心ゆくまで相手を追い込んでやることができますからね。
ときには浮気の相手方の職場やPTA、家族、親族に浮気の事実を知らせる人もいます。職場をかわらざるを得なくなったり、信頼がなくなり、それだけのことをしたのなら、しょうがないですよね。ドラマの中で見かける通り、不倫の証拠写真といえば、不倫の相手とラブホ前で手をつないでいるシーンは決定的です。頑張れば自分でも写真を撮れそうな気がしますが、繁華街のように明暗の差があるところでは、画像が不明瞭になることが多いです。確固たる裏付けとなるような高画質で撮影したいのであれば、最初から興信所などを手配するほうが現実的です。

 

 

 

面倒くさがりの夫があんなに嫌っていたSNSに最近やたらとハマっています。携帯も隠すし、これは浮気しているなと思いました。

 

もしかして元カノかと、隠すように置いてある携帯を見つけてチェックしてみたら、こともあろうにしっかりロックされていて、見れなかったんです。

 

 

こうまでしてあるからには、もう、探偵しかないだろうなと思ったものの、妻のお金の出どころって旦那なんですよね。

 

どうしたらよいのか、ためらっているところです。

 

 

 

もし配偶者が浮気していた場合、当然ながら慰謝料を要求しても良いのです。

 

 

 

ただ、当人たちだけで話し合うと、それぞれに冷静さを欠いていることもあり、なかなか話がつかないことが多いです。
裁判で決着をつけなければならない場合もあるため、弁護士を頼んでトラブルにならないよう交渉してもらうとよいでしょう。
子供のいる親が離婚する時は、離婚の原因となったかどうかはともかく、浮気していた方の親は子供の親権がとりにくいと思われているようです。
道義的には分かるだけに無理もないのですが、本当のところは違います。
基本的に親権というのは、同居の有無や育児への関与といった点を見ていきます。

 

要は子供を中心にして、どれだけきちんとした生育環境なのかが最優先で考えられているわけです。興信所や探偵社に不倫の調査を依頼するなら、最終的に何を目的にしていて、どうしたいかをはっきり伝えることが重要です。浮気をやめさせるだけにとどめておくか、あるいは離婚裁判のための証拠が欲しいのかなどは依頼者本人が決め、調査員にしっかり伝えることです。

 

 

 

何を目標にするかによって調査員の仕事内容も変わることもあり、必ず伝えるようにしましょう。

 

 

 

近年は技術改良が進んで、個人でもGPS機能を使えば浮気を容易に把握できるようになりました。

 

気になる相手にGPS機能搭載のスマホを持たせることができれば、誰でも簡単に、かなりの精度で今いる位置が分かってしまうのはすごいですね。

 

 

法律に触れることはないので、相手の不倫を自力で見つけたいときは便利です。ただ、位置情報だけでは証拠にはならないのでご注意ください。

 

 

この頃はついうっかりスマホを放置して、配偶者に浮気がバレてしまったというケースが少なくありません。

 

 

 

スマホが主流となっている今、メールやLINEなどに浮気の証拠が残っているかもしれません。肌身離さず、ロックまでかけている場合は、おそらくスマホの中は不倫や浮気の証拠だらけと思われます。

 

警戒心もあるため一筋縄ではいかないでしょう。
浮気の追跡調査と一口に言っても、いざ支払いとなると、探偵社次第で結構な違いがあるようです。

 

 

 

安易に一社に絞り込まず、ちょっと手間でも何社かに見積り依頼しておくのをおすすめします。それから、調査対象者となる人の交友関係や行き先などについて、分かる範囲で構わないので調査員に伝えると、探偵が調査に着手するときの前準備が省けるので、調査費用が安くつくことは言うまでもありません。

 

 

 

浮気を繰り返す人、やめられない人というのは、鬱状態の人が少なくないようです。
その背景にあるのは、常時精神的な負担があるということです。恋愛の片方が既婚者か、W不倫の場合、不倫の罪悪感や将来性のないことからくる無力感や悲壮感などを持っている時間が長くなり、ウツの症状が固定化されてしまうのです。それに、取り残された配偶者もウツになりやすいと言えるでしょう。スマホユーザーを軸にSNSの利用が伸びているためか、そこから浮気がバレることが増えているのも、当然かもしれませんね。常にスマホを気にしたり、SNSをたびたび更新するようになったら、浮気相手と連絡をとっていることも考えられます。
配偶者の態度とSNSは浮気に気付く材料にもなりえます。
通常の金銭感覚からすれば、探偵を使って浮気調査をする際の費用は高いように思う人が多いようです。

 

 

 

でも、安さ重視で業者を選んでも、不倫の決定的証拠が得られなかったら、無駄遣いもいいとこです。理想から言えば、調査能力を第一に考えるべきですが、すごい料金をとっていても優秀で良い探偵社であるかというと、難しいところです。

 

きっぱりと不倫関係を解消させるには、不倫の明らかな証拠を押さえ、双方に慰謝料の支払いを求めるというのが一番です。

 

浮気している当人たちはゲームのつもりだったり、考えなしにやっているケースも多いですから、慰謝料請求という現実を見せることで、事態の深刻さを自覚させるわけです。
念願だったパートの仕事。

 

 

 

子供が10歳になったのを機に始めたのですが、子育てのことで親身になってくれた男性社員さんと、不倫関係をもつようになりました。

 

ずっと家庭から出ず、主婦ぼけしてた私の甘さもあるのですが、パートだけにしてはおかしいと、夫なりにすぐピンとくるものがあったらしく、むこうの奥さんと話をして「やっぱり」ということになって、先方は別居、私は離婚で慰謝料も支払うという結果になり、後悔しています。

 

 

 

浮気というのは字のごとく軽い気持ちでしてしまうものかもしれませんが、その配偶者からしたら不倫は人生観さえ変えかねない大問題です。

 

そんな身勝手な行動をしたい放題にしておくなんてもってのほかです。不倫行為の裏付けをとる手段はすぐ思いつくのは、携帯電話の電話帳や履歴のチェックです。

 

肌身離さず持っているようなら、メールやラインなどを使って相手と連絡をとっている可能性は高いでしょう。どちらに理由があるのかはケースバイケースのようですが、探偵による浮気調査で、支払いでひと悶着あったという人もいるみたいいです。

 

 

あらかじめ説明された通りの代金にプラスアルファでよく分からないオプション料金や経費が生じていて、途中で契約解除を申し入れると、多額のキャンセル料が必要になることがあるからです。契約書にサインする前にチェックは入念にするのは不可欠なのではないでしょうか。ひとつでも納得いかない点がある場合は、別の事務所をあたることだってできるのです。

 

里帰りや同窓会など、再会のシーズンは要注意。

 

 

 

不倫に走るきっかけになるケースが多いことが知られています。

 

 

憧れの人と話がはずんでしまったり、学生時代のノリで異性であることをあまり意識しないため、距離が一気に縮まります。

 

 

同窓会出席を契機に、いままでと違った行動パターンをとるようになったら、不倫の可能性も考えてみてもいいかもしれません。既婚者同士の浮気に終止符を打ったきっかけは、子供や孫を望まれたからとか、妻が妊娠したからというのが実に多いのです。いままで連れ添ってきた仲として心苦しく感じたり、不倫相手も家庭があるのだと思うと、ふいに嫌悪感を感じたり、うっとうしく思ったりもするようです。
また、転勤やパートの時間変更などで上手く時間がとれなくなると、やましい気持ちもあってか、別れようという気持ちになりやすいといわれています。探偵社への依頼の仕方は、まず、電話で相談してみることからスタートです。
電話を通した相談で感触が良く、その上で詳細な話をするとなれば、事業所へ行くという運びになります。

 

その場で打ち合わせをして依頼することを決めたら契約を締結し、そこでようやく、実地での調査が始まるでしょう。

 

探偵業者に浮気の調査を依頼するときでも、個人情報を教えるのは気が進まないというのは人として正しい反応だと思います。
依頼が確定するまでの見積り段階では、個人情報はなくても大丈夫な会社も増えていますから安心してください。

 

 

でも、仕事として発注する場合はどのような会社でも契約が必要です。

 

必要最低限の個人情報の提供は了承していただくほかありません。

 

しっかりした探偵社が仕事をしても、結果を出せない場合もあります。一例をあげると、パートナーの不倫の追尾調査で追尾対象の行動的にシロだったという事例です。しかし日数ではなく、調査能力不足によって証拠をあげられないというケースもないわけではなく、仕事を発注する探偵社のクチコミ等を事前にリサーチしておくことで回避できるでしょう。
それと、相談時に探偵と充分に話のすり合わせを行うのも結果に大きく影響してくると思います。

 

 

興信所を利用するにはお金がなければダメかというと、そうでもないです。

 

規模の大きな探偵業者ではクレジットカードでの支払いに対応しています。
明細書に記載される表示に配慮している業者も少なくないですから、探偵を頼んだことが分かることはありません。クレカで支払いができるようにするためには会社としての実績も必要ですから、会社としての信用性を計る上でも役立つでしょう。探偵に調査を依頼するなら、あとで後悔しないよう、地域性を尊重するのは良いことです。

 

たとえば探索相手の家や勤務地と同じ地域にある探偵に限って探してみると良いでしょう。

 

ローカルに強い探偵なら、詳細な調査ができますし、報告書の内容がより克明になります。それに依頼する内容や諸条件によって不得意なこともありますし、逆もまたあります。
あらかじめホームページとか電話で問い合わせてみるのをおすすめします。

 

やられた方にとっては堪ったものではないですが、浮気はぶり返してしまう始末の悪いもののようです。

 

不倫現場を見つけられて、しばらく自粛状態が続くのですが、浮気相手と示し合わせて猫をかぶっている可能性はおおいにあります。胡散臭いと思うようなところがあれば、興信所などを使って調査してもらい、ガッチリ浮気の証拠固めをして、お灸をすえてやりましょう。全国展開している大手業者であっても、絶対的に優秀だとは言い切れませんが、探偵業者の場合は大手のほうが間違いが少ないです。規模の小さな会社では、調査も満足に行わないうちに代金を請求してきたり、コストテーブルの説明すら濁すところもないわけではありません。
そのほか、話をしたときの相談員の対応や契約に関する説明の詳しさなどは、重要です。納得がいかないようなら依頼すべきではありません。配偶者の不倫に悩んでも、探偵に頼むのは離婚支度のようでどうかと思う。なるほど、もっともです。しかしそこまで重たく感じる必要は実際のところ、ないと思います。

 

離婚云々はさておき、浮気の証拠があれば何にしても不利にはならないですからね。
現実を目の当たりにするのが怖いというのであれば、それもありでしょうが、何らかのかたちで決着をつけたいと思ったら、探偵に相談するのがいいでしょう。配偶者に浮気をしていることがバレたときは、慰謝料の支払いが発生することもあります。
不倫の確固たる証拠をつきつけられたら、やっていた方は明らかに分が悪いです。

 

 

だいたいの支払額ですが、数百万というときもあれば、転居費の実費だけで済むなど千差万別です。
払える見込みが立たないときは、支払いの分割化や金額変更を交渉することはできます。

 

結果、条件変更してもらえた人もいるようですよ。